体臭サプリ効果口コミランキング

体臭と糖尿病の関係

糖尿病とはすい臓から分泌されるインスリンと呼ばれるホルモンの働きが低下し、摂取した栄養素が上手く吸収・利用されずに、血液中にブドウ糖(血糖)があふれ出してくる状態を言います。本来インスリンは食事をしてブドウ糖やアミノ酸などの栄養素が体内に吸収される時にすい臓から分泌され、血液中に流れ込んだブドウ糖を筋肉に運び、血液中のブドウ糖量をコントロールしています。しかし糖尿病になるとコントロール機能を失ってブドウ糖が正常に運搬されず、血液中の糖が病的に高い状態になってしまいます。

ブドウ糖が血液中にあふれた状態が長く続くと、急激に血糖値が上昇する糖尿病性昏睡(意識喪失)、視神経が傷つけられて糖尿病性網膜症(失明の危険)、糖尿病腎症(腎不全で人工透析が必要)など重篤な合併症を引き起し、生命をも脅かす病気です。

日本では糖尿病患者は約800万人いると言われていますが、その多くは初期の段階では自覚症状が乏しいこともあり、検査や治療を受けていません。こうした糖尿病予備軍を含めると患者数は2倍の約1,600万人とも言われており、糖尿病は現代の国民病のひとつなのです。

こうした糖尿病の症状のひとつが「甘酸っぱい」体臭です。糖尿病になると、インスリンの働きが低下して血液の中にある糖をエネルギーとして上手く使うことができないため、体に蓄積した体脂肪から脂肪酸が取り出して、エネルギーとして使うようになります。この際、副産物としてケトン体という物質が生じ、甘酸っぱいニオイの原因成分です。ケトン体は心筋、骨格筋、腎臓などさまざまな臓器でエネルギー源となり、脂肪合成に再利用されますが、様々な成分物質を分解・浄化無臭化する肝臓でもケトン体を無臭化することが出来ないため、血液を介して体臭・口臭・尿や便まで独特にニオイが生じるようになります。

糖尿病の症状として現われる体臭に関しては、糖尿病を治さない限り付き合って行かなければならない難しい悩みです。しかしながら少しでも快適に過ごすためにも体臭予防に努めましょう。シャワーや着替えなどこまめに清潔を保つことを心がけ、レモン水やお酢を使った入浴方法、ミョウバンでオリジナルのデオドラントスプレーを作るなど、体臭は生活習慣や身近なものでも軽減し予防することができます。最近は体臭エチケットとしてグッズが充実しており、体臭を消す薬用石けん、薬用シャンプー、抗菌やフレグランス効果の高い柔軟剤など、消臭系のグッズを活用してみるのも良いでしょう。

今ネットで売れている「体臭サプリメント」ランキング

商品名 料金 内容量 送料 口コミ
パクチーエナジーゴールド 2,000円 15g
250mg×60粒
無料 口コミ

  ⇒⇒ 人気ランキング(2位〜5位も含む)をもっと詳しく見てみる


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2011-2013 体臭サプリ効果口コミランキング All Rights Reserved.
[体臭の基礎知識] 原因 予防 対策・改善 消すには? 食べ物 病院 チェック 漢方 女性 男性  [体臭の原因] アルコール 病気 チーズ 男性ホルモン ストレス 運動不足 生理 胃腸 耳垢 糖尿病 皮膚 肥満  [臭の予防・改善] アロマ 青汁 バラ ボディソープ dna ガム 香水 めかぶ 石鹸 お酢 お風呂 クエン酸 グレープフルーツ コーヒー ココア
サウナ ハーブ ビール ピロルリア ミント もずく ヨーグルト リンゴ 飲み物 外来 柔軟剤 重曹 入浴剤 野菜ジュース 消す方法  [その他] 便臭 便秘 ダイエット 口臭 ミョウバン 納豆臭い アンモニア臭 わきが どぶ臭い 魚臭い 油臭い おなら 頭痛 自覚する 電車 冬の体臭 夕方