体臭サプリ効果口コミランキング

体臭とお風呂

体臭が気になる人は、毎日のお風呂で清潔を保ち、ちょっとした工夫とポイントで体臭の改善や予防を行うことができます。体臭の対策にはデオドラント用品、香水、消臭グッズなどもありますが、まずはお風呂に毎日きちんと入って体を清潔に保つことが基本です。汗をかくほど運動をしたり、埃っぽい所に外出をしていなくても、普通の日常生活の中では想像以上の汗をかいており、外部の汚れや埃が皮膚表面に付着してしまいます。汗と雑菌が混ざり合い繁殖すると体臭を発生させるひとつの原因となるため、汗や汚れは毎日のお風呂で洗い流しましょう。

ただし洗い過ぎは禁物です。石けん、クレンジング、シャンプーなどの衛生用品には界面活性剤が含まれているものもあり、使い過ぎると皮膚表面を保護している皮脂膜を壊してしまいます。皮脂膜がなくなると皮膚の角質から水分が蒸発しやすくなり、皮膚の潤いを保つ保湿成分が破壊されて角質細胞は萎縮していきます。細胞が萎縮することによってできた隙間から水分が蒸発するとともにニオイ物質も体臭となって出て行くため、体臭を強く感じたり、不快な体臭の原因になります。衛生用品は肌に優しいものを選び、入浴・洗顔の後は保湿ケアを行いましょう。

体臭の原因として特に汗が気になりますが、日頃から汗をかく習慣をつけて常に汗をかいていると体臭の少ない「良い汗」をかけるようになります。汗にミネラル分が多く含まれて分泌されるとより臭い汗になりますが、常に汗をかく発達した汗腺からは、ミネラル分の少ない「良い汗」が分泌されるようになります。また体が疲れたときに溜まってくる乳酸も嫌な汗のニオイの原因です。体内に乳酸が増えると汗の成分にアンモニアが増えるため、血行を良くしてリラックスするなど疲れ(=乳酸)を軽減することも体臭の予防になるでしょう。

お風呂は臭い汗の予防に汗をかき、疲れを取り除くのに最適な生活習慣です。特に半身浴は発汗作用を促し血行を良くしてくれます。半身浴のポイントは、お湯の温度は38〜40℃のぬるめに設定し、20分以上湯船につかります。心臓に負担をかけないよう、水面の高さはみぞおちの辺りにします。ぬるめのお湯にゆっくりと時間をかけてつかることで体の芯から温まり、普段汗をかかない人も玉粒の汗をかき、汗が吹き出してくるのを実感できるはずです。

さらにレモンやお酢など体臭予防としてクエン酸類をお風呂に入れるのも良いでしょう。クエン酸には体臭の元となる雑菌の繁殖を抑える効果があるため、お風呂にコップ1杯の酢やレモンの入れて入浴すると効果的です。

今ネットで売れている「体臭サプリメント」ランキング

商品名 料金 内容量 送料 口コミ
パクチーエナジーゴールド 2,000円 15g
250mg×60粒
無料 口コミ

  ⇒⇒ 人気ランキング(2位〜5位も含む)をもっと詳しく見てみる


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2011-2013 体臭サプリ効果口コミランキング All Rights Reserved.
[体臭の基礎知識] 原因 予防 対策・改善 消すには? 食べ物 病院 チェック 漢方 女性 男性  [体臭の原因] アルコール 病気 チーズ 男性ホルモン ストレス 運動不足 生理 胃腸 耳垢 糖尿病 皮膚 肥満  [臭の予防・改善] アロマ 青汁 バラ ボディソープ dna ガム 香水 めかぶ 石鹸 お酢 お風呂 クエン酸 グレープフルーツ コーヒー ココア
サウナ ハーブ ビール ピロルリア ミント もずく ヨーグルト リンゴ 飲み物 外来 柔軟剤 重曹 入浴剤 野菜ジュース 消す方法  [その他] 便臭 便秘 ダイエット 口臭 ミョウバン 納豆臭い アンモニア臭 わきが どぶ臭い 魚臭い 油臭い おなら 頭痛 自覚する 電車 冬の体臭 夕方